ハワイの運転の仕方,事故にあったら?気をつけることは?

ハワイの運転の仕方 ハワイ情報
ハワイの運転の仕方

ハワイは、日本の自動車免許を取得していれば、
そのままハワイで運転することができます
ハワイは車社会なので、レンタカーを借りれれば、
更に観光を楽しめます。

運転の際には、免許証とパスポートを必ず携帯しましょう。

色々日本と違うところもありますので、簡単に説明します!

 

私もペーパードライバーだったので大変でしたが、
今は毎日運転してます!

ハワイの運転:運転座席は左側!

運転席は左側にあります。
日本は右側にありますね。

タクシーなどでも、「助手席に座って」と言われたら右側ですよ!

日本と逆

ハワイの運転:右側を走る!

日本は進む方向に対して左車線を走りますが、ハワイは右車線

これは理解していてもなかなか難しいところ。

特に「左折時」「右折時」違う車線に入って行かないように注意しなければ
いけません!曲がる時は「右右右右右右」と念仏を唱えるように
入っていきましょう!

行く前にハワイの運転動画を見て行くのも効果的!

これは日本人にとって一番の難所。
日本は左側車線進行ですが、ハワイは右車線です。
常に右を意識しましょう。
左折時にも誤って左車線に入ってしまわないようにしましょう。

ハワイの運転:ウインカーは左側

日本の車だとウインカーは右側についていますが、
ハワイの車は左側についています。

曲がりたい時にウイーンとワイパーを動かしてしまうのは
もうあるあるなので、気にせず行きましょう。

ハワイの運転:右折は、前方確認して進む!

ハワイの独特なルールです。みぎに曲がる時は、赤でも、
車が来ていなかったら曲がる

右ウインカーを出して、赤だから、とゆっくり待っていると
後ろから急かされる場合があります。

きちんと左右を確認して、車が来ない場合には右は曲がりましょう。
左折は赤ならきちんと止まらなければいけません。

ハワイの運転:ありがとう、のパッシングはしない

日本だと、車線にいれてもらった時など、停止ボタンをパッシングすることで
ありがとうの意味を伝えるマナーになっていますね。

ハワイには、そんなマナーは無く、むしろ「失礼」になってしまうので
気をつけましょう。

車線にいれてもらったら、後ろの人に向かって
手を振ります。

ハワイの運転:道路標識

道路標識や看板も英語なので、できる限り覚えて行きたいです。
中でも頻出、かつ重要な標識はこの2つ

STOP

一時停止です。一旦止まり周囲を確認しましょう。

YIELD

この看板・表記が出て来たらこの先が優先道路。
一旦止まるなどして、様子を見つつ侵入しましょう。

ハワイの運転:信号

ハワイの信号は、縦に並んでいます。

信号機

信号機

赤、青、黄色は日本と同じです。
矢印が頻繁にあります。矢印が出ている時は、
矢印が青の時にその方向に進めます。

ハワイの運転:盗難に気をつける

車内に荷物を残していきがちですが、盗まれる確率が非常に高いので
気をつけましょう。
人の多いワイキキ、スーパーでもガラスを割られて盗られます。

万が一盗難にあった時の為に、海外保険には必ず加入しておきましょう。

海外旅行保険を見てみる

ハワイの運転:事故にあったら

もしも事故にあってしまったら、借りたレンタカー会社に連絡した上で、
警察に電話しましょう。

ハワイの警察の電話番号911

英語が得意でない場合は、「ジャパニーズスピーカープリーズ」と言えば、
対応してくれる場合があります。

さすがハワイ!助かる!

日本へ帰ってから病院にかかって、保険を申請する時に、
警察からの証明書が必要なので、必ず連絡しましょう。

 

海外傷害保険付きのクレジットカードを持っていれば
万が一怪我をした時にも保証されて安心です。

マイルが貯まる
MileagePlus JCBカード

ハワイの運転:運転に必要なもの

ハワイの運転に必要なものです。

チャイルドシート

チャイルドシートは、7歳未満の子供は必須です。
レンタカー会社で借りられる場合がほとんどですので、絶対に借りましょう。

チャイルドシート:3歳までの子供向け、18kg以下
ブースター:4〜7歳の子供向け、45kg以下、身長145cm以下


ブースタータイプなら使い捨てもできるくらい安いので、ウォルマートで購入しても。

レンタカー会社で1日借りるのは15ドル程度

ブースタータイプなら、アマゾンで20ドルで買えます。
あらかじめ購入して、ホテルに送っておいても良いですね。
アマゾンでブースターを購入

サングラス

ハワイの日差しは強力!

とにかく日差しが厳しいハワイ、サングラスは絶対に必要です。

ABCマートや、そこらへんで買えます。
あまり高いブランド物は避けましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました