ハナウマ湾に行く際に注意したい5つのこと

ハナウマ湾に行く時に注意する事 遊ぶ
ハナウマ湾に行く時に注意する事

オアフ島の東に位置するハナウマ湾。
透き通る海が綺麗で、シュノーケルに最適、有名な観光地になっています。

ハナウマ湾のアクセスやレンタル内容はこちらから

子供と泳ぐハナウマ湾。オアフ島へ行くなら必須!忘れられない思い出に。
ハナウマベイの楽しみ方!年齢別オススメ度表記。お子様と一緒ならもっと楽しいハナウマ湾!

 

こちらの記事では、ハナウマ湾に行く際に注意したい事とを書いております。
週に1度はハナウマ湾に通うハワイ在住者から見た、注意点をまとめました。

1:ハナウマ湾は入園料がかかります

13歳以上の大人:7ドル
12歳以下の子供:無料

現金と、クレジットカードはVISAとマスターカードのみ、対応してます。

2:ハナウマ湾は営業時間があります

ハナウマ湾は自然保護区、管理された海なので、営業時間があります。

夏時期:6:00~19:00
冬時期:6:00~18:00
※火曜日は定休日です。

この時間帯で、どの時間帯に行くのがオススメでしょうか?

オススメ時間帯は、8時〜9時です!

オープンは、6時なのですが、ハナウマベイは湾になっている為、日が当たりにくく、水が冷たいです。8時、9時からどんどん人が増えはじめ、12時ごろには人が多くなってきて、水が濁ってきます。
シュノーケルをするには、水の透明どが重要です。以下の2点が水の透明度に関わってきます。
人の混雑度
潮の満ち引き

12時ごろのハナウマベイ

ハナウマベイ

ハナウマベイ、ハナウマ湾

美しい海ですが、濁っているのがわかりますね。

9時ごろのハナウマベイ

ハナウマベイ ハナウマ湾

ハナウマベイ ハナウマ湾

とてもクリアで綺麗です。

9時ごろはシュノーケリング目当ての人が多く訪れ、10時、11時とどんどん人が増えていきます。
潮の満ち引きに関しては日によって違います。
潮が引いた時(LOW TIDE)の時が波が少ないので、水の濁りも少ないです。

潮の満ち引きは月によって、日によって変わってきます。
気になる方は、ハワイの気候サイトで時間帯を調べてから行きましょう!

16時をすぎると、夏でも湾が影になって冷えてくるので、シュノーケルをするには適さない時間です。見るだけなら大丈夫!

3:ハナウマ湾にロッカーはありません

ロッカーのようなものはありません。ですので、大きな荷物は自分で持っている事になります。
貴重品はレンタルショップで預ける事ができますが、有料で10ドルから12ドルかかります。

あまり貴重なものは持って行かないようにしましょう。

スマホは防水ケースに入れて持ち歩くのがオススメです!
現地でも買えますが、日本の方が安いです。
綺麗な魚と海の写真がとれますよ〜!

自然保護を目的とするためか、大人数だと入園を断られる事があります。
一度断られていたグループは、8人程でした。

グループで行く場合は、入場を分けて、少人数のグループとして入場しましょう。

5:ハナウマ湾は、パラソルやチェアのレンタルはありません

ハナウマ湾にはレンタルショップがありますが、シュノーケルの道具のみ、レンタルをしています。日差しが強いのですが、パラソルのレンタルが無く、晴れた日には少し辛いかもしれません。

ツアー会社で送迎ツアーを利用すれば、パラソルやチェアを借りる事ができますので、オプションツアーを利用するのがオススメです。

ハナウマ湾送迎付きツアーはこちら

 

6:ハナウマ湾に現れる、モンクシールは近寄ってはいけません!

ハワイ州の固有種動物、モンクシール。アザラシの仲間です。

これはアザラシです

これはアザラシです

絶滅危惧種に指定されていて、とても貴重です。

保護対象のため、もし浜辺で見かけたら、近寄らないようにライフガードから警告が出ます。
かなりレアなので、出会えたらラッキーですが、遠くから見守りましょう。

 

ハナウマ湾に行く時の注意まとめ!

まとめです!ハナウマ湾は
✅入場料がかかります!
✅営業時間があります!
✅ロッカーはありません!
✅大人数禁止です!
✅パラソルやチェアのレンタルはありません!
✅モンクシールに近寄ってはいけません!

事前に知っておきたかった情報をまとめました。
これからハナウマ湾に行かれる方、ぜひ美しい海を楽しんでくださいね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました