ハワイで絶対やってはいけないこと!8選!

ハワイでやってはいけないこと 文化
ハワイでやってはいけないこと

アメリカの中では比較的治安が良いとされているハワイ。

ですが日本に比べると当然、犯罪率は高め。

りなれあ
りなれあ

実際犯罪の多いこと多いこと・・・

私は現在ハワイに暮らしていますが、その犯罪発生率の高さに驚きました。
短期間の旅行では気づきませんでした・・・。

ついやってしまいがちだけれども、ハワイではやってはいけない事をまとめました。

海でアルコールを飲んではいけない

海でアルコール

海でアルコール

日本では海でビールを飲んでくつろぐ、と言うのは定番ですが、
ハワイではビーチでアルコールを飲んではいけません

違法になりますので、罰金が科せられます。注意してください。

海と同じく、公園でも禁止されています。

ロコは、バレないように水筒にビールを入れて飲んだりしていますが、バレたら大変なのでやめましょう・・・。時々警察が見回りに来ています。

子供を一人で放置してはいけない

子供放置は禁止

子供放置は禁止

日本では小学生以上の子供は一人で遊びに行ったりしますが、ハワイでは12歳以下の子供をひとりにするのは禁止されています。

車にひとり残しておくのも厳禁です。親が逮捕されます。

もちろん、公共のトイレなどもひとりで行かせないようにしてください。

車に荷物を放置しない

車に荷物を残さない

車に荷物を残さない

自分の車や、レンタカー、旅行会社のバスでハワイを回る時にも、車内に荷物を残してはいけません。高い確率で盗難にあいます

一見貴重品に見えなくても、「袋」「バッグ」などが置いてあれば、窓ガラスを割られて盗られます。

不要な荷物を、多く持ちすぎないようにしましょう。

ハワイ在住ロコは、荷物を多く持ちません。大きなバッグを抱えて歩いているのは
日本人だけなので、持ち歩く荷物を最小限に抑えましょう。

荷物で席取りをしない

フードコートの様子

フードコートで荷物で席取りしない

アラモアナのショッピングセンターのフードコートはいつも混んでます。
つい、荷物を置いて席を取りたくなってしまいますが、荷物を置いておくと盗られます。

貴重品ではない場合も、勝手に捨てられたり、どかされたりして、席取りの意味はなくなります。

荷物で席を確保する、ということはできませんので置かないようにしましょう。

 

現金を大量に持ち歩かない

現金を持ち歩かない

現金を持ち歩かない

ハワイはカード社会で、現金を持ち歩いている人はほとんどいません。

ほとんどのお店でクレジットカードが使えますので、現金は持ち歩かないようにしましょう。

現金しか使えない可能性があるのは、ファーマーズマーケットの一部です。
ファーマーズマーケットもほとんどのお店がクレジットカード対応が可能になっています。

夜、ひとりでビーチに行く

女性ひとりで夜のビーチは危険!

女性ひとりで夜のビーチは危険!

町歩きはもちろん、女性は夜ひとりでビーチに行ってはいけません。

強姦や、殺人まで頻繁に起こっています。
夕暮れすぎたら、ホテルに戻りましょう。

もちろん男性でも、ひとりは危険なので行かない方が良いです。

治安の悪い地域にひとりで行かない

ハワイ在住ロコでさえ近づかない、治安の悪い場所はひとりで近づかないようにしましょう。

・チャイナタウン
・アラモアナ地区
・カリヒ地区

上記はロコの間で「治安が悪い」と認識されている地区です。
特にアラモアナ地区はアラモアナショッピングセンターがあるので油断しがちですが、薬物中毒者や不審者が多くいる場所なので、一歩外に出たら気を引き締めましょう。

もちろん、裏通りは入っていかないようにしましょう。

ブランドものを身につけて歩かない

お金を持っている人は、高級時計や、高級なブランドバッグを持ちたいと思うかもしれませんが、ハワイでそれを持っていると「お金を持っています」と看板を背負っているようなものです。特に日本人観光客は「現金を持ち歩いている」ことで知られているので、級なブランドものを身につけて歩くのはやめましょう

以上、ハワイでやってはいけないことでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました